県労委で完全勝利 健創庵(奈良市)との争議案件

 奈良さわやかユニオンは、組合員であるMさんへの不当労働行為(組合員であることを理由とした雇用契約打ち切り)について、勤務先である健創庵(整体治療事業、奈良市)を相手方として、奈良県労働委員会に救済申し立てをしました。昨年10月18日に労働委員会より命令書が交付されました。(1)村上さんに対する平成23年6月の雇い止めはなかったものとして、前年分の賃金に6%を加算して支払うこと、(2)当ユニオンに対して今後は不当労働行為をしないという誓約書を交付することを健創庵に命じるというものです。命令の内容はほぼ当ユニオンの主張を認めるものでした。詳しくはおって掲載します。
[PR]
by union-n | 2013-01-12 12:04 | 健創庵との争議


その後の団体交渉の結果 >>